2008年 05月 21日
路上観察 ご当地マンホール (3)
大分県宇佐市院内(いんない)町のマンホール

人口5000人弱の小さな町、院内町を南北に流れる
恵良川とその支流に74基もの石橋が架けられている。
そのうち、60基ほどが石造アーチ橋と言う事で
「日本一の石橋の町」と呼ばれている。
これほどに石橋が多いのは、傾斜が急な谷に集落が点在して
木橋では大雨が降ると流失してしまうからだそうです。
また、段々畑の灌漑を行うために石垣や水路を築く
石工技術が発達していたことも、多くの石橋ができた要因だそうです。

今回、たまたま通り過ぎようとした院内町でのマンホールGETですが
調べていく内に石橋のある風景に興味津々、
日を改めて、いつか出かけたいなぁ~と思っているところです。
*548
c0136480_22355081.jpg

[PR]

by x___hide___x | 2008-05-21 22:43 | ご当地マンホール


<< 標高1038mからの眺め      青い空と新緑と黄色のガードレール >>