2009年 10月 31日
くらまとカリナ・スター
27日の夜、北九州市門司区と山口県下関市に挟まれた関門海峡で起きた
護衛艦くらまと韓国籍コンテナ船カリナ・スターが衝突した事故で
門司港岸壁に停泊中の両船を見てきました。
関門海峡は最小幅700m弱の狭い海峡で潮の流れも速く
往来する船舶も多く海の難所です。
カリナスターが遅い貨物船を追い抜いた後に
強い潮流に押し流されて舵の修正が遅れて、
くらまの進路上出てきて衝突した可能性が高いです。
もっとも、くらまに衝突しなくても陸地に近づきすぎて座礁はしたことでしょう。。
c0136480_22543056.jpg

*1172
c0136480_22551353.jpg

*1173
c0136480_22555848.jpg

*1174
c0136480_22574585.jpg

*1175
c0136480_22591599.jpg

*1176 少し離れた場所には、この事故の元凶となった
      コンテナ船カリナ・スターが停泊
c0136480_2321196.jpg

*1177
c0136480_2344725.jpg

*1178 検証も終わったのか、コンテナを降ろすためか岸壁を離れ
      対岸の下関方向へ向かって行った。
c0136480_2354119.jpg

*1179
c0136480_2385484.jpg

*1180
c0136480_2392065.jpg

*1181
c0136480_23103347.jpg

*1182
c0136480_23131659.jpg

*1183
c0136480_23133511.jpg

[PR]

by x___hide___x | 2009-10-31 23:19 | 北九州市 門司港


<< 秋の英彦山(1)      ある秋の日 >>