<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 22日
近況
このところ休日は遅くまで寝ていることが多くなり。。。(^^ゞ
先週の日曜日、昼ごろからゴソゴソと起きだして散歩がてら
市内の春近しの梅林に出かけてみました。
今後は投稿頻度も空いて滞りますが、よろしくです。

*881 2/15 若松区仙凡荘にて
c0136480_22591920.jpg

*882
c0136480_230271.jpg

*883
c0136480_2313166.jpg

今日は一日中冷たい雨が。。。降ってる。


季節は春近しだけど。。。(笑)
[PR]

by x___hide___x | 2009-02-22 23:27 | 北九州市 若松区
2009年 02月 10日
お知らせ
このところ仕事が忙しく、昨日は熊本に 明日は出勤で 
明後日は鹿児島、そして次の週には大村出張へ。。。
次の休日、その次も休日は出勤かもしれない。。。(´д`)=3
近頃は休日も疲れててデジブラする気力も起きなくて家でゴロゴロ。。。(-_-;)
と、言う訳で、しばらくブログを休止致します。。。
また逢える日まで。。。再见!(T_T)/~~~

*878
c0136480_2252360.jpg

*879
c0136480_2263288.jpg

*880
c0136480_22104034.jpg


[PR]

by x___hide___x | 2009-02-10 23:02
2009年 02月 01日
大沢崩れ
*876
c0136480_0461322.jpg

*877
c0136480_9244824.jpg

昨年1月の撮影より
c0136480_751912.jpg
《 大沢崩れ 》富士山西斜面の風雨による侵食で、山頂直下から標高2200m付近まで、
延長2.1kmにわたり最大幅500m、最大深さ150m、崩壊面積1km²
崩壊土量約7500万m³(東京ドーム約60杯分)の
我が国最大級の侵食谷がある。
火山灰などのやわらかい地層が雨によって最初に侵食され、
続いて硬く重い溶岩層が崩落して斜面を削る、崩壊が崩壊をよび
これまでにも膨大な土砂を流出し、
下流域では土砂災害を度々引き起こしてきている。
大沢崩れの崩壊は現在も進行中で、年平均約15万m³
(10トン積みダンプ30000台分)の土砂が流出している。
国土交通省富士砂防事務所の航空カメラ調査で
新たな土砂崩壊の前兆の可能性がある幅10―30センチの
開口亀裂を複数確認したという。
4年前の平成16年12月に約24万m³の土石流が発生し
下流の大沢扇状地の砂防施設で食い止めたため被害はなかったが、
その後の4年間で約22万m³の土砂がたまり、
土石流発生前の土砂量に近づいているという。
[PR]

by x___hide___x | 2009-02-01 09:29 | 富士山