2007年 11月 26日
関門海峡を歩いて渡る
九州(福岡県北九州市)と本州(山口県下関市)の間には海で隔たれた
関門海峡がありますが、この関門海峡を渡る交通手段として
関門橋(高速道路)・新関門トンネル(新幹線)・関門鉄道トンネル(在来線)
そして関門国道トンネルがあります。その関門国道トンネルは
上が自動車道で下が人道の2層構造になっています。

関門海峡にトンネルを通す計画は明治の中頃からすでに始まり、
現在の関門国道トンネルは昭和12年(1937年)に計画され、
昭和14年(1939年)に着工、昭和17年(1942年)5月には貫通したものの
戦争により中断し、昭和33年に開通しました。(国土交通省北九州国道事務所HPより借用)
*180
c0136480_2101182.jpg

*181 全長780m 日焼け対策も不要、雨の心配もいらない。。。  
     ジョギングや散歩されている方が多いようです。(笑)
c0136480_2105658.jpg

*182
c0136480_2114078.jpg

*183
c0136480_212446.jpg

*184
c0136480_214165.jpg

*185 中間地点の県境、海面下約58mの海の底です。
c0136480_2143994.jpg

*186
c0136480_215993.jpg


明日から二泊三日の予定で、またまた長崎県大村市に出張です。
しばらく留守にしますので、お返事が遅れます。n(_ _)n
[PR]

by x___hide___x | 2007-11-26 21:29 | 北九州市 門司港


<< 晩秋      呑山観音寺にて >>